牧田中医はりきゅう治療室(旧:牧田中医クリニック)は、牧田総合病院蒲田分院内で、中国伝統医学に基づいた治療を取り入れた施術所です。

当院では、中医学と中国鍼灸の特性を活かした治療を提供しております。 中国鍼、和鍼、耳鍼、小児鍼、推拿(マッサージ)などの各種鍼灸治療器具を用い、患者様に会わせた幅広い治療を行っております。

また、天津中医薬大学の認定を受け「醒脳開竅法」(せいのうかいきょうほう)といわれる、脳血管障害(脳卒中)の専門的な鍼灸治療を病院内で実践しております。

脳血管障害の後遺症(片麻痺、言語障害、嚥下困難、視覚障害、情緒障害や顔面麻痺、便秘、尿失禁、褥瘡(床ずれ))の鍼灸治療は、日本でも限られた施術所でしか行われていない治療法です。

牧田中医はりきゅう治療室では、この「醒脳開竅法」を取り入れ、脳血管障害の予防と後遺症の治療に取り組んでおります。